FC2ブログ

姉ちゃん竹子プロジェクト

現在

じゃなくて、

2年前の同居から
ずっっっ~と

お金がらみで
姉に対しての
上から目線の
母じゃの視線を
少しでも下げるべく

わたくし

策を練りました!

それは、

私から母じゃへ毎月
現金書留で送金している
お小遣い
5万円を

私からでなく

姉から
母じゃへのお小遣いとして
渡してもらえば

「あらぁ~姉ちゃんから
 お小遣いもらっちゃったわ♡
 助かるわぁ~。ありがたいわ~。
 姉ちゃん頼りになるわ~♡」

って事になるんじゃない?


なんやかんや
昔から
母じゃの心をつかむのには

物より、金!


誕生日や各イベントに
物を送った時より
現金を渡した時の方が
明かに
喜び方が違うんですもの

世知辛いようだけれど

やっぱり、
みんな、本音は、そうよね

母じゃは、正直者であらされます。



そして、今、
丁度、
私からのお小遣いも

出所の認識があやふやになって来て

「竹子が私の年金から下ろして
 送って来てくれているんでしょ。」

なぞと、
たわけた事を
時々申しておりますので、

ここで
<姉からのお小遣い。>
と、説明を変えても

金額が変わらなければ
母じゃにとって
出所はどこでもイイんじゃない?

と、考えたしだいで

税務署対策の送金控えも、
生計を共にしている家族ならば
姉一人に送金しても
母じゃも扶養にできるようなので
ここは、クリヤー



早速、
姉に
諸々説明

姉・「竹子のお金なのに、
   私からのお金の様に渡しちゃってイイの?」

私・「アハハ、もうね、
   今更、母じゃに恩を売る気もないし、
   皆が、少しでも快適に暮らせるのが
   一番だからね。」

姉・「ありがとう。
   でも、私、働いて無いし
   (故バカ)亭主のせいで無一文だし、
   お金の出所聞かれたらどうしよう。」

私・「母じゃ、記憶も曖昧になっているから
   そこん所は、色々すっとぼけて
   <若い頃の蓄え>とでも言っとけば
   大丈夫だよ。」

姉・「そうか・・・・そうかな・・・
   でも、そうさせてもらえたら
   私も気持ち的に助かる。
   本当に、イイの?」

私・「オフコースのノープロブレムじゃ」   
   
今月から
姉ちゃん竹子プロジェクト
始動開始です!



そして、
これまた余談ですが

現在の月の仕送金20万

女の稼ぎで

高額な仕送り
無謀な事をしていると
お思いでしょうが

もし、今も
母じゃが一人暮らしだった場合

私、
母じゃに10万円の生活費を送りながら

遠方の母じゃ地方に
月に1回以上は
仕事を休んで
母じゃの様子を見に行ったり

なんやかんやのトラブルを解決に
帰省しなければならないでしょう。

いや、
絶対、そうなるわよね。

そうなると、
一回の帰省で
交通費や買い出しで

5万円ぐらいは掛かるのよ。

2回帰省したら、
生活費の仕送りと合わせて

なんと、20万!
今の仕送りと同じ金額。

その上、
帰省となったら
仕事を休まないといけないでしょ

職場に迷惑をかけたり、
収入が減ったり、
体や心のストレスが増えたうえで

出費は
同じか、
もしくはそれ以上!

ぎゃぁぁぁーーー!!

考えただけでも
めまいがして来たわ


そう、考えると
お給料が全部
右から左に流れて行っても

今の状況が
維持できている事に

感謝
なのね。

そして、
同居してくれている姉に

ホント
感謝なのです。









現在の閲覧者数:


 にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


<母じゃの内服の経過>
アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3よりアリセプト2.5㎎に調整。
9/1よりアリセプト中止

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
   姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」と
 9/1メマリー10㎎に増量
10/1メマリー15㎎に増量
・11/1メマリー20㎎に増量継続中
・抑肝散1包夕→5月から朝夕に増量


現在の内服状況
<サプリメント>
・フェルガード100・錠剤2錠➡朝夕

Mガードに変更(H29年10月1日)

<薬>
・メマリー➡朝20㎎・(認知症の進行を遅らせる)
・リリカ75㎎朝夕(痛み止め)
・抑肝散2包を 朝夕(気持ちを落ち着かせる)  


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

姉ちゃん竹子プロジェクト、応援します🙋‍♀️

タローの母さんへ

ぶあぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!!!
義姉めぇぇぇーーー!!!!!

どの口が言うあぁぁぁぁぁーーーー!!!!

何もしない身内ほど
厄介で、腹立つ存在はありませんよね。

手を出さないなら
口を出すな!

口を出すなら
手も出せ!

手を出さないなら
口を出さずに
金を出せ!!!!!!!
( `ー´)ノ
です!

病院がイイ、イイですよ。
おじいちゃんだって、病院に居たほうが
点滴もしてもらえるし、治療も直ぐしてもらえるんですもの。
家に帰るのが幸せとはかぎりませんって。

義姉さんが、おじいちゃんを家に帰したいのは、
自分の為。自分の体裁の為のようにしか
聞こえないのは、私だけでしょうか(; ・`д・´)

タローの母さん、
十何年の介護!もう十分やりましたよ!

おじいちゃんも、以前退院を拒んだ時点で、
分かってくれていますよ。

しかし、入院の頻回の面会も大変ですね。
タローの母、お体大切にして下さい<(_ _)>

でありますさんへ

応援、ありがとうございます(*^▽^*)/

3月末に、
第一回、姉ちゃんから母じゃへの
授与式がおこなわれます。
その模様は、
後日、中継で(違った)(*´ω`*)
ブログで
お知らせしたいと思います( *´艸`)
プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
6年前、認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
姉との同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR