FC2ブログ

病院ギライの母じゃ

前回の電話のつづき

自分が野菜を収穫した事を忘れ

「畑の野菜が盗まれてる!」
ブーム、絶頂の母じゃ

姉からのHelp me~!もあり

まあっ、
話だけでも聞きましょう。。
と、電話で話した先日

まぁ~、これが
メンドクサイのなんのって。

人の悪口って、
情報として一回聞くのは
我慢できるけれど

やった事を忘れ
言った事を忘れる
母じゃの
同じ悪口の
繰り替えし~の
戻り~の、
のエンドレスは、

拷問に匹敵いたします。

これを毎日聞いている
姉には
本当に、頭が下がります。

そこで、
母じゃの話を
<野菜盗難>より
<病気・健康>に
シフトしようと画策し
話を無理やり変えてみました

私・「足の痛みはどう?」

母・「痛いよ。」

私・「そっかぁ。足のむくみはどう?」

母・「むくんでるよ。」

私・「ちゃんとお薬飲んでる?」
(姉が管理してくれているので、内服しているのは
 重々承知ですが、聞いてみました)

母・「薬なんか飲んで無いよ。」

私・「毎日内服しているお薬の中に
   痛み止めやむくみのお薬入っているからね。」

母・「へぇ~そうなんだ。」

(そうよ、そうなのよ。
毎回、説明していると思うわよ。)
私・「ちゃんと、病院には行ってね。」

母・「病院なんか行かないよ。やだよ。」

し、し、しまったぁぁぁぁー!

つい、よけいな事を、
言ってしまいました。

母じゃに
日常の話の中で
<病院に行って>
は禁句なのです。

そうです、そうなんです。
母じゃ、病院が大っ嫌いなんです。

若い頃
たまたま行った病院で

たまたま採血をして

たまたま新人看護師さんに当たり

たまたま6回も採血を失敗され(本人申告回数)

たまたま青なじみになって、

たまたま、
「特殊な血管で採りずらいんですね。」
と、看護師に言われて以来、
(新人看護師さんたらぁ、自分の技術の無さを
血管のせいにしちゃダメよ)

母・「私は、血管が無くて大変なのよ。」
(いや、いや、血管無い人なんか、おりませんって。)

母・「病院なんか行ったら、何回も針を刺されるからヤダよ。」
(それは、新人さんに当たったからよ。
 それに、母じゃの場合、毎回採血なんてしませんって。)

母・「私の血管は、特殊だから。」と、何故かチョット自慢げに・・・・
(大丈夫です、母じゃの血管は普通の血管。
 一般的な、ごく、ごく、普通の血管です。)

母・「それに、病院なんか行ったら
   何言われるか分からないし、病気にされちゃうよ。」
(大丈夫です!下肢の痛み、むくみがある時点で
 もう、りっぱな病気でございます。)

母・「病院になんか行ったら、
   変な事されて、入院になったらヤダもん。」
(ご心配無用です!今は、ベットが足りなくて、
 入院させてくれとお願いしても、サッサと帰されます。)

母・「あぁぁぁーやだ、やだ!!病院なんて行ったら死んじゃうよ。」
 (昔は、死ぬまで病院に置いてくれたけど、
 今は、在宅介護推進で、なかなか病院で死ねませんって)

母・「近所のおじさんなんか、骨折して病院に行ったら
   骨を反対につながれて、歩けなくなったんだよ。」
 (はいっ、出ました!この話。
突っ込み処が多すぎて、毎回話が長くなります。)

それは、
50年も以上も前の事。
近所のおじさん、下肢複雑骨折で
近くの接骨院に行ってそのまま固定してもらい
整形外科に行くよう言われたらしいのですが

接骨院=整形外科と思い込み、そのまま放置。

不自然な形で修復されたので
歩行が困難になり、
病院に入院して再手術。

歩けるようになるも
足を引きずる生活になったとか。

それが
ご近所のお年寄りや
母じゃの中では
病院の医療ミス
で歩けなくなった

って事になっているらしいのです。

(そもそも、
整骨院は、病院じゃないし、
接骨院の人は、ちゃんと病院受診を勧めているし、
病院の手術は成功しているし、

後遺症が残ったのは

本人が
治療のタイミングを逃したから。

人の、思い込みや、噂話って
恐ろしいものです)


 
病院の話が出ると
毎回、この内容になり
毎回、同じ説明を繰り返す
私。。。。。

昔の記憶、
思い込みを訂正しても
覚えていられない母じゃ。

全然、
書き換えられないのよ

今回、そんな母じゃの
地雷を踏んでしまった私。

姉ちゃん、スマン。

<野菜盗難>に加えて
余計な話を増やしちまったよ。

母じゃ、
どぅ~か、
今の話は忘れておくれ。



追伸
月に一回の母じゃの通院日
何時も飲んでいる、血圧の薬を
もらいに行ってから買い物をしてこよう。」
と、
「何時も飲んでいる。」

「買い物」
を強調すると、ブツブツ言いながらも
受診しているとの事。

流石!
姉ちゃん!

ありがとう(^O^)/






現在の閲覧者数:


 にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

<母じゃの内服の経過>
アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3よりアリセプト2.5㎎に調整。
9/1よりアリセプト中止

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
   姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」と
 9/1メマリー10㎎に増量
10/1メマリー15㎎に増量
・11/1メマリー20㎎に増量継続中
・抑肝散1包夕→5月から朝夕に増量


現在の内服状況
<サプリメント>
・フェルガード100・錠剤2錠➡朝夕
<薬>
・メマリー➡朝20㎎・(認知症の進行を遅らせる)
・リリカ75㎎朝夕(痛み止め)
・抑肝散2包を 朝夕(気持ちを落ち着かせる)  

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お察しします

竹子さん🍀
ご無沙汰してま います。

そうですかぁ〜。
うんうん、野菜は取られ、有る事無い事言われ、病院に行けば、殺されるかも〜〜😱とは、母じゃさまも心穏やかではないですね⤵️それが本当なら社会は崩壊してますが😅

なんとか、ありがたいモードに切り替わるといいですね。

うちは、物取られの怒った電話では、それは嫌だったね〜。腹が立つよね〜〜。そうだね〜そうだね〜〜。
すぐに返すように電話するから大丈夫だからね。
と言い、それでも返してもらいに行く
などと言う時には、わざわざお母さんが行く必要ないよ。今行っても、仕事でいないしね。と出かけないように釘を刺し、
気持ちが落ち着いてきたら、電話を切ります。
私もしょっちゅう、切り替えを間違えますが、忘れてくれることをうまく利用してやり直します

以前同居していた弟は、引きこもり始めてから体調を崩しました。顔を合わせたくないとも言ってました😔
お姉さまがギブアップする前に、信頼できる事業所と契約できるといいですね。

離れているといろいろ大変だと思いますが、母じゃさまが喜ぶポイントを突っついて頑張ってくださいね💖
応援しています🙋🏻

でありますさんへ

わぁぁーー!!!
でありますさん、ホントお久しぶりです(^O^)/

お元気でしたか?
お暑つぅございます(;^ω^)

いつも、応援ありがとうございます。

弟さんも大変でしたね。
「24時間♪戦えますか~♪」いえ、いえ、戦えませんよね・・・・
繰り返しの話が、
こう、なんと言いましょうか
楽しかったり、面白かったり、
優しい気持ちになれる内容だとイイのに、
なぜに、人の悪口とか、自慢話、マイナス思考なんでしょうかね"(-""-)"

どうも、母じゃにとってデイサービスとは
「厄介者の年寄りをあずかって、困っている家族へサービスする所って。」
って思っている様で(当たらずも遠からず。ですがね)
毛嫌いされております。シクシクシ(;_:)

デイサービスの名前も、
もっと、カッコ良く、
<フィットネスクラブ>
<趣味の講座>等
ワクワクするような、
本人が行きたくなるような、
名前になってくれるとイイのですがね(;^ω^)

プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
6年前、認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
姉との同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR