姪っ子の無謀なローン設定

「車のローンの金利を<サービス>してもらった。」

お花が咲いたような事を言う
姪っ子の○美に呆れつつ

もう一度、
ちゃんと、確認する様に申して

早や、1週間

○美よりやっとがまいりました。

○美・「直接会って、確認しました。」

そう、それなら、
1週間はかかるわねウンウン

○美・「契約金が121万円なので、一括だとすればこの金額で
    ローンであれば利息は46万円だそうです。」

私・「じゃあ、一括で支払った方が46万円もお得なのね。」

○美・「はいっ、そうです。」

ほほぅ~、それなら納得~♡


な、

分けないでしょ!


月5万円×24回払い(最後は6万)
計121万



利息、
入ってないだろ?

利息分の46万は
何時、支払う予定だったんじゃ!?

○美・「最後に、一括で支払う事だそうです。」

あぁぁぁぁ~????
落ち着け、私。
ここは、冷静に、冷静に。

私・「あのね、、
   最後に、一括で46万円支払える人は、
   ローンも組む必要無いでしょ。
   それに、ローンを組まなければいけない人が
   最後に、一括でそんな支払い無理でしょ!
   私の言っている事分かる?」

○美・「ボーナス払いとかの関係ですかね。」

ボ、ボ、ボ、
ボーナスとなぁぁぁぁーーー!!!!

相変わらず
突っ込み処満載で
楽しませてくれるわね。

おいっ、
アルバイトのぶんざいで、
ボーナス払い、
設定したんかいっ!

もうね、

詳しく
聞けば聞くほど

無謀すぎて。
・・・・・・
私の胃が痛くなるわ!

○美、25歳
軽度の機能障害があっても、
知能には問題無く
とても素直なイイ子で
勤労意欲も有り。
前向きなのよ。

でもね、
世の中の仕組み
常識、
もう少し勉強して、
現実的に生きようよ。


つづく







現在の閲覧者数:

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR