雷雨後の安否確認

母じゃ地方
昨日、雷雨、大雨警報発令!

自然豊かな地域で
築100年以上の古い家
構えばかりデカくて
維持費も大変なのよね。。。

時々、瓦が飛んで
雨漏りもしばしば。

床下、天井には出入り自由で
ネズミ、テン(タヌキらしきモノ)
ヘビ、ハチ、コウモリ、etcと
自然界の動物達も
季節や天候で
別荘にしているご様子。

(おい、おい、
動物達よ
家賃払っておくれ~(-ω-)/)

一応
私名義の家だしね。
(ここら辺のいきさつは、又、今度ね)


本日、
安否確認の☏を入れてみました。

なかなか出ません。

<もしや、家、潰れたかぁそれなら、それで、
ゴミを一掃して、保険で小奇麗なちっちゃいお家なんか、
建てちゃおうかしら~>

なぞと、妄想していたら
急に、受話器が上がりました。

母・「あっ、はい、はい。」

私・「あっ、母じゃ、竹子だよ~ん。」

母・「あっ、竹子、久しぶり。」

私・「久しぶりじゃないよ、先週電話で話したよ。」

母・「そうだっけ?」

と、何時もの会話を交わし

私・「昨日の雨、大丈夫だった?」

母・「昨日の雨? 降っただかや?」

って、私が聞きたいのよ

私・「雨や雷か凄いって、ニュースになっていたよ。」

母・「あらぁ~、そうなの?でも、
  隣の屋根、濡れていないよ。」

まっ、覚えていないって事は
たいした事なかったのよね。
きっと・・・・・(;^ω^)

まっ、良しとしましょう。

いつもながらの
<姉ちゃんありがたや洗脳作戦>
をして、
母じゃに愚痴は言わせない様に。
母じゃ、愚痴を言葉にすると、
気持ちが確定しちゃうからね。
さぁ~、始めますよ!

私・「調子はどう?」

母・「イイよ。上げ膳据え膳で
  色々やってもらえるからね。
  助かるよ。」

へぇ?
思いがけない、母じゃからの

ぽぢてぶ発言。

不意を衝かれて
とまどう私

私・「そ、そ、そうよねぇ~、
  ホント、助かるよね。
  1人で暮らしていたら、色々大変だよね。」

母・「そうだよ、若い頃は何でも出来たけど
   今は、なかなか思う様に出来ないからね。」

私・「母じゃは姉ちゃんがいてくれて良かったね。
   幸せ者だよね。」

って、
おい、おい、
どうしたんじゃ何があったんじゃ?

母じゃとの電話が終了した後
あわてて
姉に

姉・「へぇ~、そうなんだ
   でも、何もないよ。
   相変わらず、近所や(故)父親の悪口ばっかり。
   私がウンザリしていると
   怒って、部屋に籠ったりしてるよ。」

なぁ~だ。
そうなのね。

でも、
母じゃに、
少しでも
姉に感謝の気持ちが
生まれているのなら

良しとしましょうかね。


そして、
生まれた事は
覚えておいておくれ


 にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

<母じゃの内服の経過>
アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3よりアリセプト2.5㎎に調整。
9/1よりアリセプト中止

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
   姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」と
 9/1メマリー10㎎に増量
10/1メマリー15㎎に増量
・11/1メマリー20㎎に増量継続中
・抑肝散1包夕→5月から朝夕に増量


現在の内服状況
<サプリメント>
・フェルガード100・錠剤2錠➡朝夕
<薬>
・メマリー➡朝20㎎・(認知症の進行を遅らせる)
・リリカ75㎎朝夕(痛み止め)
・抑肝散2包を 朝夕(気持ちを落ち着かせる)  






現在の閲覧者数:
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、竹子さん。
今日おじいちゃんを高齢者住宅から家に近くの老健に移しました。
おじいちゃんの介護が始まって11年です。
くたびれました。
おじいちゃんは4年前に糖尿から右足を切断していて
幻肢痛(V)o¥o(V)とゆう厄介なものがあります。
幻肢痛様はいつ起こるかわからないんです。
夜中だろうが私が県外にいようが呼び出しがきます。
実の兄弟は我が親ですのであっさりで行きません。
高齢者住宅は静かでいいのですが男の老人にとっては寂しい所です。
男の人はなかなか横の繋がりが持て難いです。

実娘姉も考える事がないからと言うし以前老健で幻肢痛が軽減されていたので移ってみました。
ずっと居れるわけではないですが私は3か月先が考えれないのです。
私の母の訪問診療もやめました。
お願いして2年ですがその時は義母と二人まとめてと思ったのですが
待つのも大変で私はおじいさんの所週2回、月2回の訪問診療、
私はいつ仕事が落ち着いて出来るのしょうか?
義母は元気ですので実娘姉に元気な時は任せてる事にしました。
義母はだいの病院嫌いです。
本当に困った人です。
まぁ何にしても、老健に移す事にしたのは私が呼び出されるのが辛いからです。
姉はそう言っています。
おじいちゃんが調子が悪くなった時の連絡先を姉にしようか?
といいましたら、えぇ~だそうです。
明日はどうなるかわかりませんが今度の老健は家から10分!
姉の仕事場から5分です。
家族中が利用する道路です。
わたし自信も楽になります。
長~くなりました。愚痴りました。
ありがとうございました。

タローの母さんへ

色々あったんですね(;^ω^)
以前、
<うまく書けない・・>って言っていたのは
この事だったんですね(;´∀`)

そんなに長い介護
そして、こんなに、複雑で、身内の色々な思惑に翻弄されていたら
心も、体もクタクタですよ。
よく、
毎日、毎日、やっていらっしゃいますね。。。。
ホント、ほんとうに、やってらっしゃいます。

なんか、言葉もないです。。。。

もうね、
協力してくれない身内がなんと言おうと
介護する人が
<楽>なのが一番です!

そして、近いって、大切ですよね。
これで、もう、
「遠いから、行けない。」なんて、
逃げ腰のお姉さんにも言わせませんよーー!!!(≧◇≦)

介護も、子育ての様に
「あと、何年頑張ったら、目途がたつから。」
と、予定が分かればイイのに・・・
この、先の見えない事が、心折れそうなんですよね。。。。。

なんか、気の利いた
返信が出来なくて・・・・・
でも、
苦しい胸の内、状況、
伝わってきました。(>_<)
プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR