食事塩分制限にキレる母じゃ

暫く(10日ほど)

母じゃや、姉からの連絡も無く
<便りが無いのは元気なしるし!>
(と、思う事にして)

私から電話をして
<余計な波風を立てる必要も無い>
(と、思う事にして)

ほっといて
様子を見ていたのですが

(ついに)
姉からがきました
・・・・・・10日しかもたなかったのね。。。
いやっ、 10日も、もった。
と、思う事にしましょう

姉・<母じゃは相変わらず、
   夜中の2時や3時にお風呂に入って
   その後、いきなり部屋に入って来ては
   「お前は、お風呂に入ったのか?!」
   って言ってくるのよ。
   そんな事が何回もあってね。
   夜中にボイラーのスイッチ(灯油使用)を入れるから
   危なくてね・・・・・・
   もう、寝不足!
   眠くて、昼間、仮眠を取っていると
   「たるんでいるから、眠いんだ!」
   って、怒るしね。
   自分なんか、ご飯食べた後に、イスに座ったまま
   イビキかいて、寝ているんだよ。>

姉のストレスMAXのご様子。
ラインの返信では追いつきませんわ。。。

電話にchange!です。


私・「あっ、お姉さん。
   お疲れ様。」

姉・「もう、聞いてよ!
   そんな、母じゃの行動もストレスなんだけれど
   母じゃの話す内容も毎回
   (故)父親や、ご近所の悪口ばっかりで
   視野が狭い!狭い! ったらありゃしない!
   デイサービスや、何か、外に目を向けさせたいんだけれど
   「昔、私を苛めた○○さんがいるからヤダ!」
   とか、
   「そんな、年寄ばっかの所に行ったら、
   病気になっちゃうよ!あ~ヤダヤダ。」
   とか言ってね。自分だって、十分年寄なのにね。
    全然ダメ・・・・。」

私・「じゃあ、村の中じゃなくて、
   あまり知り合いの居ない隣町の町の
   サークルみたいなのは、どう?
   低料金で、色々やっているんじゃないかな。
   母じゃに前もって言うと、
   うるさいから、申し込んじゃって
   お姉さんも一緒にするつもりで、
   連れて行って、
   <ちょっと、やって行こうよ。>ぐらいのノリデ  
   行ってみたら

姉・「そっかぁ。。そう言う手もあるね。
   でも、母じゃと一緒にやりたくないなぁ。。。」

うん、うん、
姉上、
その気持ち、分かるぞ。

あたしゃぁ、理解しているぞ。

そうだよね、
そんな時ぐらいは、
母じゃから解放されたいわよね。。。。。。。

姉・「まだ、足のむくみが酷いから、
   今日も病院に連れて行ったら
   血圧も高くて、軽い血圧の薬が出たよ。
   先生に、塩分も控えて、お味噌汁も一日一杯。
   漬物も控えるように言われたのよ。
   その時は、ニコニコして聞いていたんだけれど
   家に帰ってから、私が、先生がそう言っていたよね。
   と言うと、
   「そんなんだったら、死んだ方がイイわ!」
   だって

ふぅ・・・・・母じゃ、
それを言っちゃぁおしめぇだよ。

まったくね・・。
私・「本人がそう言うなら、年齢も年齢だし、
   もう、好きな物を、好きなだけ
   食べさせちゃってイイよ。
   後は、こっそり、食事を薄味にすれば十分!
   それで、血圧が上がったら
   上がったで、お薬で調整してもらおうよ。
   お姉さん、あんまり、
   頑張らなくてイイからね。
   一生懸命やらなくてもイイからね。」

姉・「そうかっ・・・・そうだよね!
   もう、母じゃの為を思って、言ったりやったりしても
   そんな事ばっかり言うから、ウンザリ
   あっ、
   母じゃが来たから代わるね。」

母・「あっ、竹子、元気~♪」
あり余るエネルギーの、ほとばしる様な
元気な母じゃの声。

母じゃほどでは無いけれど
私・「おかげ様で、元気だよ
   この前、母じゃ、
   今日病院に行くって言っていたけれど
   (真っ赤なウソです姉から聞いたと言ったら、
   「余計な告げ口して!」と怒るからね。)
   血圧、どうだった?」

母・「ん? 病院? 行っただかゃ?
   行った、気もするけど、どうだったかや?」

私・「この前、母じゃ
   血圧が高いって言われたから
   今日(病院に)行くって言っていたよ。
   (これも、ウソピョ~ン!
    母じゃからではなく、姉から情報。)」

母・「そうそう、そうだったかも。」

まっ、一応、
言う事は、言っておきましょう。
私・「塩分控えたほうがイイって
   先生に言われたって
   母じゃ言っていたよ。
   お味噌汁もいっぱい飲まない方がイイよ。」

母・「そっか・・じゃあ、薄めて飲むよ。」

私・「お椀のお味噌汁薄めて飲んでも
   全部飲んだら同じだからね。」

母・「やっぱり~エヘヘヘ。」
  
私・「血圧の薬の事も出たんでしょ。」

母・「どうだったかな・・・?」

私・「出たって母じゃ言っていたよ。
   (ウソぴょんぴょ~ん・姉情報)」

母・「えっ? どこにやっちゃったかな・・」

私・「大丈夫!ちゃんと姉ちゃんが
   やってくれるから安心して。
   姉ちゃんが居てくれて良かったね。
   助かるよね。母じゃは幸せ者だよね
。」
(一応、<姉ちゃんありがたや>洗脳はしておきましょう)

母・「ほんとだね。」

私・「それに血圧も高いから、
   お風呂も早めに入って
   以前みたいに
   夜中には入らない方がイイよ。
   夜中に入って、
   お風呂でひっくり返ったら大変だよ。」

母・「そうだね。
   お風呂でひっくり返ったら
   ずっと(近所に悪口)言われるもんね

ってか、母じゃ、
気にする所は、そこかいっ

まっ、いいっかぁ。。。

ってか、母じゃ

素直に、

こんくらい軽い会話、

こんくらい軽い受け答えで、

全て、丸く収まるのに、

何故に、 
どぼして、
姉ちゃんと、
姉ちゃんに対して、
出来ないのかな・・・

もう~なんでかな。。。。


今日も、
同じ会話を5、6回して
やっと終了いたしました。。。

 にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3よりアリセプト2.5㎎に調整。
9/1よりアリセプト中止

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
   姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」と
 9/1メマリー10㎎に増量
10/1メマリー15㎎に増量
・11/1メマリー20㎎に増量継続中
・抑肝散1包・夕で開始


現在の内服状況
<サプリメント>
・フェルガード100・錠剤2錠➡朝夕
・MCTパウダー(中鎖脂肪酸)➡朝3g・夕3g
<薬>
・メマリー➡朝20㎎・(認知症の進行を遅らせる)
・シロスタゾール100㎎(血栓予防薬)
・リリカ75㎎朝夕(痛み止め)
・抑肝散1包 夕(気持ちを落ち着かせる)  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

竹子様、お疲れ様です。離れて見守る心労、お察し申し上げます…。

きっと、母じゃ様は。

姉じゃ様に。どーっぷり!甘えているのでしょうね…。

姉じゃ様、テケトーにファイト~!ですヾ(*´ー`)

認知症の人って、知性が減ってくる分を感性で補うのだそうです。

感情がむき出しになるのはそのせいなんでしょうね。

姉じゃさま。毎日母じゃさまと向き合うのは大変なことだと察します。

適当に、嘘も方便てございます🙇🏻

まりあ様へ

まりあ様、
ありがとうございます(*^^*)

同居しているご家族に比べて、
私の心労なんぞ<へのカッパ>だとは思うのですが、
私の(繊細で、乙女の)ガラスのハート
(強化ガラスとも言われておりますが(;^ω^))
は、やっぱり、疲労するのです。

まったく、甘えん坊さんにも
困ったモノです😂
どうして、
一番感謝しなければイケない相手に
素直になれないでしょうかね。ブゥー

姉じゃに、是非!
まりあ様の<テケト~テケト~>を伝えさせていただきます(^O^)/

でありますさんへ

でありますさん、
ありがとうございます(*^^*)

なるほど、
人間の体や心は、
一生懸命、バランスを取ろうとしているのすね。

それにしても、感性とは厄介なモノなのですね。
(体も心も)健康な時には
感性が豊かな事は、褒め言葉。
それが、感性だけになって来ると、
こうも、大変な事になってしまうとは・・(;^ω^)

まさしく、<嘘も方便!>
姉と、母じゃが忘れてしまう事を
上手く利用して、
お互いのストレスを減らしていく事を
話していた所なんですよ!(^^)!
プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR