忘れて欲しい事は忘れないのね(^▽^;)

父ちゃんが
自分の通帳と、
家の現金を全~部、持って
浮気相手の所に家出した日の夜

小学生の私を残し、
母じゃは、一人
アタフタと出かけて行きました。

行った先は、父ちゃんの実家。

父ちゃんの母親と兄に
この一大事を相談に行ったのです。

アタフタ、
バタバタ、
あ~でも無い、
こう~でも無い、
と一週間が過ぎた
ある日の夜。

父ちゃん、
普通に
仕事から
家に帰ってきたのです。

(あぁぁー、びっくらこいた)
私・「お、お、お帰り。」

父・「おっ、」
そのくらいの会話だったと思います。

(もぅ・・父ちゃん。帰るなら、帰るって言ってくれなきゃ。
急に帰って来ても、夕食、2人分しか、ないよ・・・・・) by竹子の心の声

そして、
<父ちゃんの乱>
あえなく、一週間で、終了です。

たった一週間の父ちゃんの家出は、
こうして幕を閉じたのですが
一週間の間
大人同士の
壮絶な話し合いがあったのでしょう。
(あ~、おとろしや、おとろしや)

関わりたくも無いので
聞きもしませんでしたが、

その後、
母じゃは、
父ちゃんに気に入らない事が有ると
私に愚痴るのですが、
必ず過去の恨み節が・・・・

母・「あの時なんて、お金を全部、女の所に持って行っちゃってさ、何が、子供達を頼む。だわよ!」
(母じゃの収入は、パート程度。とてもじゃないけど子供達は養えなかったのです。)

母・「田舎臭い、冴えない、変な女だったよ。」
(自分より、見た目が劣る女性を選んだ事に、また、ご立腹。)

母・「まったく、あんな事が近所に知れたら、恥ずかしくて、ここに住めなくなるよ。」

もう、<愛> 無いですよね
(あっ、元から無かったのよね(;^ω^))
愛は無いけれど、
プライドは人一倍!

何年たっても、責められる
父ちゃん。

小学生の子供の私としては、
えっとぅ、何て申しましょうか、
もう少し、大人の世界を
こぅ~、オブラートに包むように、
メルヘンチックに(?)
隠しておい欲しい所なのですか、

もう、母じゃの気持ち
ダダ漏れです

とうの、
父ちゃんは、
父ちゃんの
<父ちゃんの乱>の後。
母じゃに口答えする事も無く、
すっかり尻にひかれ

時には、少し可哀想になるくらい・・・・。

ついっ、
私・「浮気はイケないと思うけれど、
   浮気される方にも、問題があるんじゃない?」
なんて口を滑らせると、

母・「竹子は、そんな風に思っていたんだ
父ちゃんのカタ持つんだビェェェーーン!!!」


いや、いや、
私は、中立です。
もう、メンドクサです。。。。

当時、寮生活をしていた姉には、
<父ちゃんの乱>を、
わざわざ伝える事もないだろうと、
母じゃも、私も、教えてなかったのです。

そして、姉が
<父ちゃんの乱>
を知ったのは
15年後。
父ちゃんが他界する少し前。

それゆえ、
母じゃは、
この話に
冷たい反応をする私より、

詳しい事を知らない姉に
自分を正当化して
有る事、無い事、
いやっ、
有った事、有る感情を
張り切って話すのです。

(まっ、その他にも
父ちゃん、
<やっちまった事件>
いくつか有るのですが、
 それは、又、後日。。。。)

そして、現在。

姉ちゃんに、
話した事を忘れ。

父ちゃんの悪口を言いの、
言った事を忘れ~の、
エンドレスに
(故)父ちゃんの悪口を言う毎日。

母・「姉ちゃんは知らないと思うけれど、
   父ちゃんは、(ウンタラカタラで・・・)な事して、
   散々、苦労させられたんだよ。」


母じゃ、
もう、そんな
40年以上も前の昔の事は
さっさと、忘れて、

今は、姉ちゃんに
散々な苦労は、
かけさせないでおくれ……。

そして、
楽しかった思い出話を
話そうじゃ、あ~りませんか

にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3よりアリセプト2.5㎎に調整。
9/1よりアリセプト中止

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
   姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」と
 9/1メマリー10㎎に増量
10/1メマリー15㎎に増量
11/1メマリー20㎎に増量継続中
・抑肝散1包・夕


<サプリメント>

・フェルガード100・錠剤2錠➡朝夕
・MCTパウダー➡朝3g・昼3g

<薬>
・メマリー➡朝20㎎・(認知症の進行を遅らせる薬)
・シロスタゾール100㎎(血栓予防薬)
・リリカ75㎎朝夕(痛み止め)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供ってけっこうシビアに親のことを見ているものですね。竹子ちゃんは特にかもしれないけど・・・ 
浮気して自分達を置いて出て行ったお父さんのことも冷静に理解しているんだもんね。すごいな~ で、しっかりご両親から学んだこともあって、竹子ちゃんの今の幸せな生活につながっているのかもしれないね。 
私の両親はとても仲が良くて、私にとって結婚すると幸せになることが当たり前の感覚になってしまっていたと思う。 現実はそんな甘いものではなかったw 若い頃の苦労は買ってでもしろって言うけど、子供ってそういうことも苦労とは思わないで経験するんだろうね。 私も子供の頃に
もっとそういう経験をしていたら結婚相手を選ぶのにいろいろ考えたかな・・・いや、その前にぐれていたかな^^; お母さんの気持ちよくわかるな~ もし私の子供達が、父親の味方というか擁護をするような発言や行動をしたら、わかってくれていないと頑張った分よけい悲しくなるかも・・・ でも、子供からしたら父親がそういう行動に出た理由も理解できるんだよね。。。 でもお母さんの気持ちわかるわ~とすっかりお母さんの味方(?)なのであった~~~^^

ゆんちゃんへ

そうそう、子供は、シビアに親の事、見ているのよね。
<どっちが良い、悪い。>と言うよりも、<どっちの、どこが良くて、どこが悪い>って感じだったかな。。

たぶん、子供の頃の私は、自分の居場所を守るため、どっちの味方もしたくなかったんだと思うんだ。

それを、母じゃが、自分だけを正当化する話を、何回もするから、
「もう~、黙っとけっ!」(;^ω^)って、気持ちになっちゃうのよね。

父母も、親である前に、男と女で人間。
その時々の選択が正しいかは置いといて
その時は、それで精一杯だった事は、確か!

皆、幸せになりたくて、試行錯誤しているのに
なかなか歯車が合わないのよね。。。。(^▽^;)

私、ゆんちゃんの仲の良いご両親の話を聞いた時、
<そんな関係もあるんだ(゜o゜)>と、衝撃を受けてね。
今、参考(?)にさせていただいております( *´艸`)ウフフ

非効率的~。

人間て、何故か。
楽しかったことよりも、嫌だったことの方が記憶に残るんですよね。
楽しかったことばかりの思い出なら、本人も回りもHAPPY!なのに…。
なんとも、効率の悪い生き物だと思ってしまいます…(*´ω`*)

まりあ様へ

ホントにね。。。

感情&欲と言う、
目に見えない大きな核を抱え
それを満たしたり
押さえたり。

そして、
楽しかった事は、記憶の彼方。。。
嫌だった事の記憶を維持するのに
膨大なエネルギーを使っているんですもの。。。
燃費の悪い生き物ですよね(^▽^;)
(自分でも、よく分からないけれど、
ちょっと、カッコいい事言ってみました(≧◇≦)アハハ)

私は、
嫌な事も笑い飛ばし、
且つ!
楽しかった思い出をエネルギーに
ハイブリットな効率のイイ
婆ちゃんになるぞーー!(^^)!
プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR