扶養・・確定申告よりもっと簡単な方法があったのね……。

遠方に住む母じゃを
私の扶養にすべく
悪戦苦闘した前回。

そのかいあって、
(ボンクラ)税理士に
確定申告の書類を
作 らさせた ていただいた私。


税理士さん、
書類を持って来訪です。
(捺印して欲しいんだって)

イイですよ!
お安いご用です!
ポンポンポポポーンと
押してさし上げましょう!

いつまでも、腹をたてていても
つまんないですからね。

大人の竹子は、
大人の対応で、
大人しく
にこやかに談笑しちゃうわよ。
で、
いよいよ本題に入りました。
そして、5年遡って
訂正の確定申告が
出来るかどうかの話になった所

税・「今回、確定申告をさせていただきますが、
   遡るのは、どうかと・・・・」

私・「出来ないのでしょうか?」

税・「いや、出来ない訳ではないのですが
   本来、確定申告とは、
   一年経たないと分からない事や、
   不測の事態とか、
   ウッカリしていた事とかを
   申告し直す場ですからね。
   今回、申告して、その上、5年も遡るとなると
   税務署から見たら
   <お母様に何年も仕送りして扶養していたのに、
    忘れていたのか?>   
   ってな、事になっちゃいますからね。
   結構、遠方の別居扶養は、不正も多くて
   チェックが入っちゃうんですよ。」

ほぅ~、なるほど、
ごもっともな、ご説明。
一理あるわね・・・・・・

いやっ! 
しかし、私は、
何年も前から、雑談でも
仕送りの話はしていたのよ!
去年なんか、
具体的に、ちゃんと、(あんたに)聞いたわよね
それに、小心者の
善良な市民のわたくにし、
不正なんてできるはずがないでしょ!

と、言いたい所ですが、
でも、
竹子は、お・と・な♡

腹は立てても
お顔は笑顔。
腹芸だって出来ちゃうんだから。
  ↓
<注意>
腹芸とは、
「腹に顔を描き,いろいろ動かして表情を変えてみせる座興の芸。腹踊り。」
じゃなくて
「 心の中のもくろみを表に現さず,政治力や度胸などで実現すること。」
の方だからね。

私・「ちゃんと、資料を揃えて、
   先生にご相談すればよかったのですが
   準備不足で、申し訳ありませんでした。」

税・「いゃぁ~、こちらも、もっと早くに
   気が付けば良かったんですが・・・・
   ・・・・・・ゴウハラかとは思いますが。。」

ん・・・?

ゴウハラ?
業腹?
ごうはら?

もしかして、
<お腹立ち>
って意味かしら?

(ボンクラ)税理士から
そんな言葉が出るとは

あはははははーーー、
私の怒り
ダダ漏れだったのね

税・「今年からは(28年1月から)は、
   毎月のお給料の
   所得税を扶養2人(母・姉)で
   計算してもらえばどうでょう。
   確定申告より、
スムーズにできますよ。」

へえっ?
そんな簡単な事?

お給料で調整できちゃう事だったの?
   
ハァ・・・・・・・

結局、
年金の事や
税法上の
<扶養とは、なんぞや>
とはを、よく、
知らなんだばっかりに、
とんだ、回り道をして
お金と時間を費やした、

20年間。

私がよけいに納め
所得税金
約80万円
(・・・たぶん、そのこくらいにはなると思うの
住民税を入れたら、もっとよね。)

どこ逝ったのでしょうか・・・・・

にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3よりアリセプト2.5㎎に調整。
9/1よりアリセプト中止

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
   姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」と
 9/1メマリー10㎎に増量
10/1メマリー15㎎に増量
11/1メマリー20㎎に増量継続中
・抑肝散1包・夕


<サプリメント>

・フェルガード100・錠剤2錠➡朝夕
・MCTパウダー➡朝3g・昼3g

<薬>
・メマリー➡朝20㎎・(認知症の進行を遅らせる薬)
・シロスタゾール100㎎(血栓予防薬)
・リリカ75㎎朝夕(痛み止め)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

毎月お給料2人扶養として計算するのは当たり前として、
さかのぼっての5年間は計算してくれないってことなのかな?
お姉さんの扶養は5年間ではないとしても、お母さんだけでも結構な額になるのではないのだろうか・・・ と、ケチで大人げない私は思うのでありました~v-16 高齢者や未成年者の扶養とお姉さんぐらいの年齢の方の扶養って違うような・・・?? 確定申告でも扶養者のこと書くもんね。。。 税理士さんしっかりお仕事して欲しいね。 
保険屋さんはしかっかりと時期になると前もって控除証明書を送ってくれるから助かるよね^^ アメリカは個人個人で確定申告するんだよ~
日本は会社勤めなら会社がしてくれるから、まかっせっきりで
無関心になってしまったりで、善し悪しだなって思う。 たけこちゃんは
大人だししっかり者だわ~☆

ゆんちゃんへ

心配してくれて、ありがとうね。

もうね、なんかね、
税理士のやり取りや、
後の、税務署とのやり取りを考えたら
メンドクサクなっちゃってね、
授業料だと思う事にしたのよ(ToT)
(高い授業料だったわ。。。)

毎年、ゆんちゃん家は、毎年、自分でやって偉いよ。

もう、トットト、お給料で計算しておけば良かったわ。。。
なにせ、私、始めっから、遠距離の扶養は無理だと思っていたから
全然、思いもつかなかったから、勉強もせず、
遺族年金が収入に入らないって
基本的な事も知らず、
高齢者の方が、一般の人より
多く貰っていても扶養になるって事も知らず・・・・(^▽^;)

オマケに、
年金が入金された通帳には
厚生年金とか、新厚年金とかしか書いて無くて
<遺族年金>なんて一言も書いていないから
母親も、自分がなんの年金貰っているか
把握していなかったり・・・・・

私もそうだけれど、
まだまだ、
多くの日本人って、
プロに任せておけば大丈夫!
とか、
国のやる事に間違いは無い!
って、心の何処かで思っちゃて、
何か無いと、あまり疑問も持たないのよね。

イケナイ、イケナイ(^▽^;)
プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR