FC2ブログ

痛い、痛いは言わないで。

母じゃの持病の
腰&下肢の痛みが
寒さと比例して強くなって来ました。

電話で話す度に

母・「なんでだか、腰と脚が痛いのよね。」

と繰り返す母じゃ、
その都度
<なんでだか>を説明して、
冷やさない様に、
痛い時には無理して動かない様に、
薬はチャント飲む様に、
と、説明すると

母・「うん、分かった!
   でも、なんでだか
   痛いのよね・・」
。と。

一緒に住んでいる姉は、
毎日、痛い、痛いを聞かされて、
しょうしょうウンザリ。
姉が、近くの<整形外科>の受診を勧めると

母・「そんな所に行ったら、痛い事されて、動けなくなっちゃうよ!
   あぁぁーー!!!ヤダヤダ。行かないよ!」

(近くの整形外科の先生ゴメンなさい。
<そんな所とは>病院全般を指しての暴言。
決して先生のことじゃありませんからね。)

と怒る、怒る!
でも、
暫くすると
又、姉に痛みの訴え・・・・・
姉が受診を勧めると、
又、怒る。
の、繰り返し。。。
(姉に、どうしろっちゅうのまったくね。。)

母じゃは、昔の、定かではない噂話を覚えていてね
母・「あそこら辺に住んでいた人がね
   (もう、ここから曖昧なのよね)、
   昔 (戦時中?)
   骨がおかしくして (骨って笑うんかいっ)
   どっかの病院に行って (どこの病院?)
   変な治療をされて (治療の問題か?) 
   一生動けなくなったんだよ。
   そんな事になったら、やだやだ。」


はっい、
どれとして、正確な情報無し。

ちょっと、ちょっと、
日本の現代医療を
戦中戦直後と一緒にしちゃぁ~いかんよ!
と。

一旦は納得しても、
いくら私が力説しても、

母じゃの考えはリセットされて
また、同じ主張のくり返し・・・・・・・・

母じゃ、あなたは、損をしてますよ。

もしかしたら、
チョコット診てもらうだけで
その痛みから解放されるかもしれないのに

と、言っても、
又、元の思い込みに戻ってしまうのです。

仕方ないので、
認知症のお薬を出してもらっている内科の先生に
母じゃの状態を説明して
痛み止めを処方してもらっているのです。

リリカ75㎎を朝夕/合計150㎎内服中。

このお薬<神経性疼痛>に効く!

最近出た画期的なお薬。

先・「では、これを増やしましょう。」

って事になったのですが
倍量にした所

母じゃ曰く
母・「なんか、ボーっと、しちゃうのよね。
   ご近所さんにロレツが回らない喋り方したくないし、
   ボケたら困るもん。」

との、訴え有り。

リリカちゃん、元の量に戻りました

まっ、
これは、別に、イイんです。
専門医を受診しないのも
薬の増量をイヤがるのも、
本人の選択ですから。

それなら、母じゃ
姉に、「痛い、痛い」を言わずに
お口にチャック!

<追記>
あっ、
うっかり、聞き逃すところでした。
母じゃ曰く
母・「なんか、ボーっと、しちゃうのよね。
   ご近所さんにロレツが回らない喋り方したくないし、
   ボケたら困るもん。」
って、
母じゃ、やっぱり
自分はボケていないと思っているのね。



にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3よりアリセプト2.5㎎に調整。
9/1よりアリセプト中止

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
   姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」と
 9/1メマリー10㎎に増量
10/1メマリー15㎎に増量
11/1メマリー20㎎に増量継続中
・抑肝散1包


<サプリメント>

・Newフェルガード➡朝1包
・フェルガード100➡昼1包(10月から変更)

・ココナッツオイルサプリ➡朝5cp・昼5cp
・MCTパウダー➡朝3g・昼3g

<薬>
・メマリー➡朝20㎎・(認知症の進行を遅らせる薬)
・シロスタゾール100㎎(血栓予防薬)
・リリカ75㎎朝夕(痛み止め)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまです。
短期記憶が難しい母じゃさま。何度も言ってるつもりはないのでしょうね。
痛い 痛いを聞かされる、お姉さまと竹子さんの苦労をお察しします。

受け流しましょう。

これは、私が母の施設のケアマネさんに教わった魔法の言葉。

そんなこと言っても受け流すって、難しい🙆
「ボケたら大変」

認知症でも心は生きているので、母じゃさまも不安なのでしょうね😢

でありますさんへ

今日も一日
お疲れ様ですm(__)m

おぉぉぉーーーー
<ムーディー勝山さん>の、

右からきて左に受け流す歌♪

を思い出しました(笑)

そうですね、
右から左に受け流しましょう!
本人は、初めて言っているつもりなんですものね。。。(;^ω^)

いつも、コメントありがとうございます。

No title

こんばんは。お疲れ様です、竹子様。

どーにもしてあげられない事を、何度も言われると…
辛いですよね。

最初は「あらら、大丈夫~?」なんて言えますが
何度も言われ続けて…
キィィィーーー!!となってしまう私です…(* ̄ー ̄)

今は口封じには、プリンが一番(*´ー`*)

まりあ様へ

まりあ様、イイなぁ~~(´・ω・`)
その、とっておきの「プ・リ・ン♡」

母じゃにも、水戸黄門の印籠みたいな、
一発で静かになるグッツが欲しいです。

そう、そう、
私も、
優しくできるのは、始めの3回まで!
あっ、いいえ
最近は、修行(?)の末、5回までかな・・・(;^ω^)

No title

竹子さん、文章読んで笑いました。
ありがとうございます。
竹子さんのブログ楽しみにしています(*^_^*)
ではいけないんでしょうが
私は楽しい文章書けないので!(^^)!ホットします。
これからも楽しみにしています。

ホットしてね(^^♪さんへ

コメンとありがとうございますm(__)m

お名前が分からないので
今回は、ホットさんてお呼びしますね( *´艸`)

うふふ、
ホットさん、
楽しみにしていて下さいね。
母じゃ、
けっこう、突っ込み所満載で
腹も立ちますが、
笑かしてもらっております。

笑う門には福来る!

一緒に笑って、
福を一緒に呼びこみましょうね(^^)/
プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
6年前、認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
姉との同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR