夜の母じゃからの電話

先日、
9月分の仕送りを
母じゃ家へ送りました。
(お金の事を見てね)

姉からは、早々に、
こっそり
ラインをもらって
届いた事を確認している私。

(私と姉が電話で話すと、
母じゃが聞き耳を立てて
何気ない言葉じりに反応して、
後で、姉に当たるので
うっかりした事言えません。
姉との連絡は、主にです。)


その夜の
21時
私のスマホに
母じゃの携帯からの
着信アリ


母じゃの携帯からの電話は
要注意!
夜ともなると
警戒警報レベルの内容なのです。

何故かと申しますと、

母じゃの携帯は、
暗い寝室のベットの脇に置いてあり
そこに横になると
今まであった嫌な事や、
昼間あった、嫌な事を
大雑把に
沸々と思い出し

怒りが頂点に達すると
脇に置いてある携帯を手に取っては、
私に、怒りの電話をして来るのです。

そして、
夜の母じゃは、
昼間より、より、
訳、判らなくなって
ひたすら、感情のまま喋り、
ひたすら、同じ内容の話をくり返し
ひたすら、怒り、悲しみ、
最後には必ず
母・「あぁぁぁーー!!!
  やだ、やだ! 一人がイイよ!
  早くお墓に逝きたいよ(死にたいよ)」

と。

言葉に出して、私に言う事で
母じゃが自分で思っている以上に
気持ちが高ぶり、
めんどくさい事になるのです

以前、
それで懲りた私は
母じゃの携帯からの
夜の電話には
極力出ない様にしていたのです。

うぅぅぅぅぅん、
一応、一応
姉に確認してみましょう


私・<母じゃからの着信があるんだけれど
   何かあったの?>

姉・<多分、仕送りのお礼だと思うよ。
   携帯電話をかけ放題のプランに変えたから
   携帯使ったんじゃないかな。
   また、明日、掛ける様に言っておくね。>


ふぅ~一安心です。
ならば、母じゃの携帯からの電話
出ても、大丈夫ね~


そして、
次の日の
夜20時

又、母じゃの携帯から
着信アリ

おっ、忘れずに
電話かけてくれたのね。
今回は、お礼電話だから大丈夫。
早速、
折り返し電話してみましょう。


私・「あっ、母しゃ、電話くれた?」

母・「電話? してないよ。」

(忘れちゃったのね。)
私・「30分前ぐらいに、母じゃからの
   着信歴が2回あったよ。」


母・「してないよ。。。。
   ちょっと待って、今、姉ちゃんに聞いて来るから。
   姉ちゃん、部屋にいると思うから。」


(おいおい、せっかく、母じゃから解放されて
休んでいる姉を、呼んだらダメでしょ。)
私・「あっ!いいよ!いいよ! 大丈夫だから!
   ところで、仕送り届いた?」


母・「えっ?! 仕送り? もらったかな・・・。」

(そっからかいっ!)
私・「届いたと思うよ。
   何時も、お金入れている所見てみて。」


母・「・・・・あっ、あった、あった。
   ありがとうね。」
と言った後に訪れた
   思わせぶりな沈黙とため息。
母・「。。。。。。。フウー

ま、ま、まさか!

私の野生の感が
<竹子、早く電話を切るのよ!>

と、警戒警報発令!
私・「私、今、お風呂に入ろうと思っていたんだ。
   母じゃも入ってないなら、入った方がイイよ。
   じゃあね」
と、言いかけた時

母・「お風呂なんて、まだ、イイよ!」

電話を切るタイミングを奪われ
まんまと母じゃに
捕食されてしまった私。。。。

母・「もう、やだよ!
   一人暮らし、したいよ!

   (それは、無理でしょ←by竹子心の声)
   娘より、他人の方がよっぽどイイよ!
   (姉ちゃんもそう思っているよ)
   あんなキツイ娘だとは思わなかったよ!
   (姉ちゃんもそう思っているよ) 

母じゃの訴えは、
具体的な事は忘れているので
イヤな事が有った時に感じた
不快な感情の記憶の訴えのみなので
状況は良く分からないのです

私・「お互いに
   干渉し過ぎなんじゃない。」
 (母じゃに対しては中立が一番!。
   スマン、姉上。。。)


母・「そんな事ないよ。
   私なんか、何も言わないで
   我慢しているんだから。」


(えぇぇぇぇぇーーー!!!!姉達に、
あんだけの事言っておいて
その認識ですか?!)
私・「そ、そ、そうなんだ。。。
  じゃあ、他人の方がよっぽどイイなら
  他人様に、お世話になる?」


母・「他人様って、何?」

私・「ヘルパーさんに来てもらうとか、
   老人マンションに入るとかだよ。」


母・「あぁぁーその方がよっぽどイイよ!」

(ほほぅぅ~、チョットはその気になったんかい?)
私・「じゃあ、手続きしようか?」


母・「何の手続?」

私・「ヘルパーさんや老人マンションだよ。」

母・「そんな事ヤダヨ!
   私は一人で
   暮らしたいの!


(はい、はい、
やっぱりね。言ってみたかっただけね。。)
私・「母じゃは、物忘れが
   酷くなって来ているから
   一人暮らしはもう出来ないよ。
   選択肢は2つ。
   <姉ちゃんと暮らす>か
   <他人様にお世話になる>か。」


母・「そんな事ないもん!
   一人で、やっていけるもん!」


自分で言った事を忘れ
私の言った事も忘れるので
ひたすら、こんな会話のくり返し。。。。

これでは、わたくし
明日仕事なのに、
寝る事もできません。

ここは一つ、
母じゃの勿体ない感に訴えてみましょう。
私・「母じゃ、夜も遅いから
   早くお風呂に入らないと
    (お風呂の燃料の)灯油が
    勿体ないよ。」


母・「えっ? うんん・・でもね」

(よっしゃぁー!あともうひと押し!)
私・「家のお風呂も
   ずっとスイッチが入っているから
   私も早く入らないと
   電気代かかっちゃうんよ。
   出費が多くなると
   母じゃへの仕送り減っちゃうよ


母・「そりゃぁ~竹子
   早く入った方がイイよ>」


夜中0時近く、
正味2時間
ようやく
電話終了!  

まったくね・・・・・
夜の母じゃの携帯電話は
危険極まりありません!



翌日

固定電話で姉から電話

姉・「あっ、竹子。
   母じゃが、仕送りのお礼言いたいんだって。」


私・「えっ?!
   昨夜、お礼言ってもらったよ。」


姉・「えっ?!
   まだ電話してないから、
   かけてって言われたんだけど。」


私・「そっかぁ、イイよ、代わって。」

母・「あっ。竹子~。
   久しぶり~
   元気~。
   仕送り、ありがとうね。」


私・「どういたしまして。
   母じゃも元気そうで
   なによりだよ。





にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3よりアリセプト2.5㎎に調整。
9/1よりアリセプト中止

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
  姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」

<サプリメント>
・Newフェルガード➡朝1包・昼1包
・ココナッツオイルサプリ➡朝5cp・昼5cp
・MCTパウダー➡朝3g・昼3g

<薬>
・メマレリー➡朝5㎎・昼5㎎(認知症の進行を遅らせる薬)
・シロスタゾール100㎎(血栓予防薬)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まるで一緒!!

こんばんは。
一人で暮らしたい~!!と二時間電話で訴える母じゃ様…。
波平と被って…イラッとしてしまいました、私…( ̄∇ ̄*)ゞ…スミマセン…。

長時間はいけません。消耗してしまいます。なるべく短めに!!お願いしたいですよね…。

愚痴らないでくれるのが、一番なんですが…(* ̄ー ̄)


まりあさんへ

そうなのね。
そうなんですね。
まりあさんは、毎日
こんな魔の時間をすごされているのですね。。。
(*´Д`)ホント、お疲れ様です。

老女の母じゃ
なんで、あんなに、体力が有るんでしょうかね。
私なんて、スマホ持つ手が疲れて震えて来るし、
途中で、眠くなるし、肩はこるし、背中は張るし
心は折れてくるし。。。(;^ω^)

絶対! 母じゃの方が私より元気だわよ。

母じゃも、いくら嘆いても、
イヤがっても
現状を変えられないのなら

そのエネルギーを使って
楽しい事や
相手(姉)のイイ所を見つければ
より、楽しく暮らせるでしょうに。
まったくね。。。。(ため息)

不思議な事に、
イヤな思いをした感情の記憶は忘れないのに
イイ思いをした感情の記憶って、薄いのです。

母じゃの
楽しい事・嬉しい事の
記憶が入った引き出しを
誰か開けてぇぇぇーー!!!

うちも同じです。

どちらかというと、弟と同居しているのに、すっかり忘れて、
私はずっと一人暮らしよ。とか、
弟が飼っているペットの餌がないとか(母に餌やりは任せられないのですが).とか、言ったりします。

もちろん、弟がいると助かるのよ💕と喜んでいることもありますが。

母のイライラを鎮めるのに、漢方薬を使っています。抑肝散です。
比較的効果が出ています。

2時間とは、すごいですね💦
適当にやっていきましょう

で、ありますさんへ

で、ありますさんも、弟さんも大変ですね(;^ω^)

一緒にくらしている家族は
毎日の事ですから
より、大変だと思うのですが

相手の姿がや表情が見えない別居の
私達は、また、別の意味で
心配したり、ヤキモキしたりして
結構、常に、頭から親の存在が離れなかったりして
心が晴れませんよね。

そして、<いざ行動をおこす!>となると
時間とお金のやり繰りに頭を悩ませるんですよね。。。。

抑肝散の情報ありがとうございました。
今、アリセプトを中止して
メマリーを徐々に増やしております。
様子を見つつ、
次の秘密兵器として<抑肝散>
お願いしてみようと思います(^O^)/

はいっ、
適当にやりましょうね。
(^^)
プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR