母じゃ、それを言うか・・・?

先日、
姉の娘(私にとっては姪)
が、母じゃと姉の住む家に
遠方から様子を見に行ってくれたの。

(あんな、ド)田舎に
うら若き娘が、
貴重な休みを使って
わざわざ行ってくれるなんて
感謝、感謝ですよ。

なのに、なのに
母じゃは、やってくれました

姪っ子は、
少し耳が聞こえずらく
その障害を
母じゃは、
母・「ご近所さんに知られたら恥ずかしい。」
と以前から
私には言っていたのですが

そんな事、
まさか、イイ大人が
姉には言わないよね・・・
と思っていたら
その<まさか!>
今月初めに、現実となり
姉を傷つけ
一騒動!

そして、そして、今回、
まさか、イイ大人が、
孫(本人)には言わないわよね・・・
と思っていたのに
その<まさか!>

私も、姪っ子が帰った後に
姉から聞いたのです。。。。

姪っ子が
母じゃの病識の無さや
イライラ感を感じ
姪・「お祖母ちゃん、
物忘れ、良くなりたかったら
   病院にちゃんと行って
   色々、検査してもらった方がイイよ。
   竹子お姉さんが
  
   (余談ですが、姪っ子は、
   私の事を<お姉さん>と呼ぶのです。
   可愛いヤツよのぅ~)

   先生と話して
   出してもらっている薬が、
   本当に、お祖母ちゃんに合っているかは
   検査をしたり、直接先生に診察してもらわなければ
   分からない事も、あるんだから。」等々


と、一生懸命受診を勧めてくれたのに
これが気に喰わなかったようで

母・「孫に、病人扱いされたくないよ!!!!」
と、
(母じゃの言った「孫に」には
<障害の有る孫に>と言うニアンスが
含まれていたそうな。)

言った後
微妙な小さな声で
「ちゃ、ちゅ、ちょ
と・・・・・・・・・


姪っ子の発音は、若干悪いので
そんな音に聞こえる事も多々有り。
その発音をマネての
大人げないイヤミ

彼女は、そんな母じゃを
上手く、スルーして、
その後も普通に接していたとの事。

(姪っ子よ、立派な大人になったのぅーー!!)

尚且つ、
私にライン
姪・「私と病気は全然違うけれど
   私も、耳の事で辛い思いをしました。
  お祖母ちゃんの気持ちも分かるんです。
  分かるから、早く病院に言って欲しいのです。
  白髪が増えたお母さんも心配です。
  竹子お姉ちゃん、
  お祖母ちゃんと、
  お母さんを助けてやって下さい。etc」


今の母じゃは
どんなに人を傷つけても
傷つけた事を忘れてしまいます。

そして、
同じ怒りを感じたら
感情のままに
又、
同じ事を言って
同じ相手を傷つけます。

傷つけられた方は、
忘れる事ができないから
ドンドン痛みが蓄積されます。


あぁぁぁぁ~、
ドラえもんさん
<嫌な言葉削除器~!>
(言われた嫌な言葉だけを記憶から削除しちゃう道具)

あったら、
是非!  是非!
貸してください。


ってか、
姪っ子のたみに
私は、
ドラえもんだのみ
かいっ



にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

☆8/8メマリー5㎎開始するも、ボーとしたとの事で、姉が内服躊躇する
 8/20-母じゃイライラ感続き、再度内服開始する様、姉に話す。
     現在、毎日内服中
  姉・「なんか、暴言が(少し)減った様な気がする。」


アリセプト5㎎
内服中、若干怒りの増大見られ
6/3より
アリセプト2.5㎎
に調整。

H27年8/8 暴言・イライラが目立ち
    メマリー5㎎を開始



Newフェルガード
朝2包➡朝1包・昼1包
に変更。

 軽度認知症の母じゃ
H26年11月1日から バファリン➡シロスタゾールに変更

<薬> アリセプト(認知症の進行を遅らせる薬)
   メマリー(同上)   
   シスタゾール100㎎(血栓予防薬)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です、こんにちは。
姪っ子ちゃんのおばあちゃん思いの優しさに、心打たれております…。本当にねぇ。病気が悪いのですよね…。

しかし、どんなに病気のせいであっても。私も欲しいです。
<嫌な言葉削除器~!>…( ̄∇ ̄*)ゞ

欲しい欲しい…。

病識がないことが病気

ご無沙汰しています。
本当に、そうです。

孫は、おばあちゃんを お母さんを思っているのですよね😢😢

老いては子に従え、もしくは孫に従え
と思う今日この頃。
これが、なかなか難しい。ドラえもんこれもよろしくかな😋

まりあさんへ

大変な週末でしたね。
お疲れ様でした。m(__)m

<嫌な言葉削除器~!>
これが有ったら、
家族も、心から、笑顔で、うんざりする事無く
優しく接する事ができるのにね・・・・。
<ドラえもんプロジェクト>←(これ、本当に有るらしいですよ( *´艸`))
に、是非、お願いしたいものです。

追伸
まりあ様直伝の「女優」になりきって
竹子一家も(適当に)頑張りたいと思います(^O^)/

で、ありますさんへ

おぉぉぉーーー!!!
で、ありますさん、お元気でしたか?

いつの間にか、涼しくなって
秋の気配が漂って私は、食欲の秋なのです。

ホントに、
<老いては子に従え、もしくは孫に従え!>
ですよね。
母じゃも、自分が若い時には、
そんな様な事言っていたんですよ(*´Д`)
なのに、
いざ、自分がその立場になると
すっっっっっかり、
さっっっっっぱり、忘れているみたいで・・・・

人間って、
こんな事を繰り返して
老ていくんですかね。。。

いやっ!
私は、ぜっっったい!
若い衆には迷惑かけないぞー!
(覚えていたらね(;^ω^))アハッ

プロフィール

竹子

Author:竹子
一人暮らしを満喫していた、
しっかり者の母じゃ(当時75歳)が
認知症を発症するも、
ヘルパーさん達の介入を拒み
ご近所さんにご迷惑をかけつつ
自由気ままに暮らす母じゃ。

遠方に住む娘の私は、
仕事をしつつ、
試行錯誤しながら、
遠距離介護を
してまいりました。

そして、
この度(H27年5月)
紆余曲折ありましたが
姉と老犬タロが同居をする事になり
これで、
「一安心!」
と、胸をなで下ろしたのもつかの間・・・

きままに暮らして来た母じゃは
同居生活に馴染めず
姉に暴言を吐きまくっております。
(;^ω^)

そんな二人をハラハラ見守り、
私は
二人の経済的支援をしつつ
姉の精神的サポートに努めております。

認知症の脳に悪さをしている「アミロイドβタンパク」の抑制をする「フェルガード」が、最近、認知症の治療に取り組む先生方の間で話題になっていると知り、
ワラにでもすがる気持ちで
母じゃに、内服させております。

何となく、効いている様な気がします!
(^▽^;)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR